危険

食事

人工合成甘味料はダイエットの敵!過食も悪化へ…甘くない危険性とは?

人工合成甘味料は、むしろダイエットに逆効果。甘いものへの欲求が高まり、過食もエスカレート!さらに太りやすくなって、心身の健康を損なう危険性があります。アスパルテーム、アセスルファムK、スクラロース、サッカリンなどは、自然界に存在しない化学物質。カロリーはゼロでも、甘くないリスクが待ち受けているかも?
私の体験

下剤ダイエットは超危険!下剤依存で過食も悪化!私が体験した副作用とは?

下剤ダイエットは本当に危険!確かに体重は落ちますが、むやみに続けると、恐ろしい副作用に襲われることとなります。私自身、20代後半から10年以上もの長い間、下剤依存で過食もますます悪化し、身も心もボロボロになり、散々な思いをしました。下剤ダイエットの危険性を身をもって知った、私の体験をお話します。
食事

砂糖中毒はこんなに危険②過食を悪化させる甘いもの依存から抜け出す方法

甘いもの依存に陥ると、過食がますます悪化しやすくなります。スイーツの泥沼にどっぷり浸りきっていた私が、確かな効果を感じた3つの砂糖中毒脱却法をご紹介します。これらの方法を取り入れると、甘いものを断ち、ご飯やパン、麺類などの主食も控え、料理に含まれる糖分にも気をつける「糖質制限」が楽にできるようになるでしょう。
食事

砂糖中毒はこんなに危険①甘いもの依存が過食を悪化させる理由とは?

砂糖は依存性が高く、その魔力に囚われると脳に直接働きかけ、ますます糖分過多になる行動を誘います。自らの意志と関係なく「甘いもの食べたい!!!」という強烈な衝動に苦しみ続けることに。。。過食を本気で治したいなら、甘い誘惑の怖さをしっかり理解して、一刻も早く砂糖依存の状態から抜け出す覚悟をしましょう。
行動

ハッピーダイエットのためのドーパミン活用法②ワクワクで過食も拒食も阻止!

過食や拒食などの依存症と深い関わりのある脳内物質「ドーパミン」。困った方向へと暴走させることなくハッピーダイエットにつなげるには、どうすればよいのでしょうか?私自身、実際に取り組んでいるドーパミン活用法をご紹介したいと思います。
行動

ハッピーダイエットのためのドーパミン活用法①正しく使えば楽やせできる♪

ダイエットを楽に成功させたいのなら、やる気を強力に後押しする脳内物質「ドーパミン」に注目!味方にすれば無理に頑張らなくても望む成果を手に入れられます。ただし取り扱いを間違うと、過食や拒食を悪化させる危険性も!食に惑わされない自分になるために知っておくべき「ドーパミン」についてお話しします。
食事

あなたを過食に導く食べものは何?脳も心も乱す危険食品は食べないで!

「今度こそ絶対に過食しない!」と心に固く誓っても、気がついたら乱暴に食べものを口に放り込む自分がいる…最初はなんとか節度を保っていても、食べ進めていくうちに、あるタイミングで過食に切り替わってしまうことってありませんか?私は過食スイッチを間違いなくオンにする「危険な食べもの」を避けることで、なんとか過食への移行を逃れられるようになっていきました。今回はそんな「危険な食べもの」についてお話しします。
error: Content is protected !!