ビタミンC不足で甘いものが欲しくなる③ 過食を防ぐフルーツの食べ方

『ビタミンC不足で甘いものが欲しくなる①』では、体はビタミンCが不足している時「甘いものが食べたい!!!」という強い欲求が起こることあります。

そんな時、人は砂糖たっぷりのスイーツに手を伸ばしがちですが、本当に食べるべきものは、ビタミンC豊富な「フルーツ」なのです。

『ビタミンC不足で甘いものが欲しくなる②』では、おすすめのフルーツをご紹介しました。

今回は、砂糖依存や過食を克服し、ダイエットを成功させるための、フルーツの食べ方についてです

ビタミンC不足で甘いものが欲しくなる① 砂糖依存にはフルーツを!
甘いものが食べたい時、体が本当に欲しているのは砂糖たっぷりのスイーツではなく、ビタミンC豊富なフルーツなのかも?体はビタミンCを必要としているのに、甘いお菓子ばかり食べていれば、砂糖依存に陥り過食が悪化!甘いものが欲しくなったら、とりあえずフルーツでビタミンC補給。スイーツへの欲求がおさまる可能性があるのです。
ビタミンC不足で甘いものが欲しくなる② フルーツでダイエット
ビタミンC不足になると甘いものへの欲求が強くなりやすいので、砂糖たっぷりのスイーツを控え、ビタミンC豊富な「フルーツ」をしっかり食べるべき!今回は、砂糖依存や過食を克服し、ダイエットを成功させるために、特におすすめのフルーツと、おすすめできないものとをご紹介します。
砂糖中毒はこんなに危険①甘いもの依存が過食を悪化させる理由とは?
砂糖は依存性が高く、その魔力に囚われると脳に直接働きかけ、ますます糖分過多になる行動を誘います。自らの意志と関係なく「甘いもの食べたい!!!」という強烈な衝動に苦しみ続けることに。。。過食を本気で治したいなら、甘い誘惑の怖さをしっかり理解して、一刻も早く砂糖依存の状態から抜け出す覚悟をしましょう。
スポンサーリンク

スポンサーリンク


フルーツの美味しい食べ方

ビタミンCはストレスによって消耗されるので、過食やダイエットに悩む人は、当然不足しがち!

生か冷凍のフルーツを、あなたのお好みに合った、生活に取り入れやすい方法で食べましょう。

もちろん、そのままでもよいですが、気分や体調によってアレンジして、食感や他の食材との組み合わせも楽しんでみてください。

フルーツを食べる習慣がつけば、砂糖たっぷりのお菓子を過食することは、きっと少なくなっていくはずです。

生搾りジュース

レモンやオレンジは、スクィーザー(絞り器)で簡単に手作りの果汁100%ジュースが作れます。

ミキサーやジューサーがあれば、柑橘類以外のフルーツも手軽にドリンクにできます。

そのまま食べるよりも味を強く感じるので、ジュースにすると甘味への欲求が満たされやすくなるでしょう。

ただし一気飲みをすると、人によっては血糖値が上がりやすくなりますので、ゆっくり味わいながら飲むようにしてくださいね。

パックや瓶詰めの市販品は、加熱処理されているため、天然のビタミンC摂取はほとんど期待できません。

野菜とミックスしてスムージーに

食材をミキサーで細かく砕いてスムージーにすると、栄養素の吸収が格段に高まります。

フルーツだけで作ってももちろんよいのですが、粉砕されることで甘味がしっかり感じられるようになるので、生のままでは食べづらいグリーンの葉野菜も、ミックスすることで美味しくいただけます。

ビタミンCはじめ、数多くの栄養素に富む野菜ですが、最初からあまり欲張り過ぎず、まずは少量から試してみましょう。

小松菜、ほうれん草、青梗菜、水菜、セロリなど、いろいろな野菜が使えます。

レモン、大葉、ミント、バジルなどの香りの強いものを少し加えてアクセントにすると、より飲みやすくなると思います。

ヨーグルトにトッピング

プレーンヨーグルトと一緒に食べると、ビタミンCと乳酸菌のダブル効果が期待できます。

豆乳やナッツミルクをかけた、無糖のシリアルに合わせても美味しいですね。

フルーツをたっぷりめに加えると、甘味料を使わなくても十分満足感を得られるはず。

人気のアサイーボウルも、スイーツ感覚で楽しめて、お菓子を食べたい気持ちをおさえてくれます。

生野菜にミックスしてフルーツサラダに

レタス、キュウリ、セロリ、人参、トマトなどが定番の生野菜サラダですが、フルーツの酸味や甘味が加わると、野菜嫌いの子供も大喜びするような一品になります。

リンゴ、柑橘類、ベリー類、パイナップル、キウイなど、何でもOK。

1種類だけでもいいし、数種類の組み合わせで新たな美味しさが楽しめたりします。

生野菜とフルーツを混ぜてしっかり和えると、調味料やオイル無しでも満足できる味になるので、減塩やカロリーオフにもつながります。

水に浸してデトックスウォーターとして

フルーツ水、またはフレーバーウォーターとも呼ばれるデトックスウォーター。

ミネタルウォーターか浄水にフルーツやハーブを数時間漬け込むと、味や香りとともに、ビタミンCなどの水溶性ビタミンが溶け出します。

フルーツの香りや味がほんのり感じられるので、味の無いお水が苦手な方でも飲みやすく、デトックス力を高めることができます。

風味や栄養成分は切り口から出やすいので、フルーツはスライスまたは細かく切るのがポイント。

できれば甘味料無しがベターですが、どうしてもという場合は、ハチミツやメープルシロップなどを少量使ってください。

野菜からもビタミンCをしっかり補給

ビタミンCは野菜にも多く含まれますので、野菜たっぷりの食事を心がけることも大切。

ただし加熱すると、ビタミンCや酵素など多くの栄養素が破壊されてしまいます。

温野菜だけでなく、1日1回以上は生野菜サラダも食べるようにしましょう。

薬とちがい、食べもの栄養素は、即効性はなく、効き目もおだやかです。

なので、甘いものへの衝動が起こった時に、慌ててフルーツを食べるというのではなく、普段からビタミンCが不足しないようにしておきましょう。

サプリメントに頼り過ぎない

「ビタミンCサプリを飲んでいるから、フルーツや野菜は食べなくても大丈夫」というのは間違いです。

人工的に作られた合成サプリメントは、自然の食べものと決して同じではありません

いろいろな栄養素が互いに協力し合ってこそ、体に吸収されるので、単品もしくはいくつかの栄養素だけを多く摂っても、効率的に利用されるとは限りません。

また、サプリメントには添加物もいろいろ含まれていて、かえって体に負担となる場合もあります。

栄養素は、あくまでも自然の食べものから摂るのが基本

サプリメントはあくまでも補助と考えて、利用する場合は、高品質のものを選びましょう。

まとめ

私は子供の頃から甘いお菓子が大好きだったのですが、フルーツのすっきりとした甘味が好きではなく、ほとんど食べていませんでした。

でもスイーツをフルーツにシフトするようにしてからは、逆に砂糖の「ガツン!」とくる強い甘味に嫌悪感を感じるようになり、あまり食べたいとは思わなくなりました。

こういった感覚は、実際にやってみなければわかりません。

あなたもビタミンCを意識して、フルーツをきちんと食べるよう、心がけてみてくださいね。

ビタミンC不足で甘いものが欲しくなる① 砂糖依存にはフルーツを!
甘いものが食べたい時、体が本当に欲しているのは砂糖たっぷりのスイーツではなく、ビタミンC豊富なフルーツなのかも?体はビタミンCを必要としているのに、甘いお菓子ばかり食べていれば、砂糖依存に陥り過食が悪化!甘いものが欲しくなったら、とりあえずフルーツでビタミンC補給。スイーツへの欲求がおさまる可能性があるのです。
ビタミンC不足で甘いものが欲しくなる② フルーツでダイエット
ビタミンC不足になると甘いものへの欲求が強くなりやすいので、砂糖たっぷりのスイーツを控え、ビタミンC豊富な「フルーツ」をしっかり食べるべき!今回は、砂糖依存や過食を克服し、ダイエットを成功させるために、特におすすめのフルーツと、おすすめできないものとをご紹介します。
砂糖中毒はこんなに危険①甘いもの依存が過食を悪化させる理由とは?
砂糖は依存性が高く、その魔力に囚われると脳に直接働きかけ、ますます糖分過多になる行動を誘います。自らの意志と関係なく「甘いもの食べたい!!!」という強烈な衝動に苦しみ続けることに。。。過食を本気で治したいなら、甘い誘惑の怖さをしっかり理解して、一刻も早く砂糖依存の状態から抜け出す覚悟をしましょう。

コメント

error: Content is protected !!