摂食障害の女性受刑者から思うこと…思考を変えれば行動も変えられる!

摂食障害から抜け出せない…その最大の根本原因は【思考】にあるのではないでしょうか。医療刑務所に収容されている摂食障害の受刑者の姿から、そんなことを感じさせられました。習慣化した摂食行動を忍耐力でどうにか押さえ込もうとするのは、よほどの強い意志がなければできません。でも思考を変えて行動すれば、ずっと楽に改善への道を歩んでゆけるのです。

アファメーションで 摂食障害克服の現実を引き寄せる② 例文・タイミング

自分へのポジティブ宣言である「アファメーション」は、摂食障害の克服に効果的です。私が実際におこなって過食や拒食の改善に効果を感じた文例や、おすすめのタイミングをご紹介します。アファメーションで望みが実現に向かう言葉を潜在意識に届けて、自分や周りの嬉しい変化を楽しんでみてください。

アファメーションで摂食障害克服の現実を引き寄せる① 効果・やり方

自分へのポジティブ宣言である「アファメーション」。過食や拒食に悩む現実を起こしたくなければ、アファメーションで潜在意識を変えてしまえばいいのです。摂食障害の克服という望む現実を引き寄せるために知っておきたい、アファメーションの効果と方法をお伝えします。

過食ストレスから立ち直る回復力「レジリエンス」を高める方法とは?

「レジリエンス」とは「精神的な回復力」。過食という苦しい体験も、レジリエンスを高めることで抜け出しやすくなります。立ち直る力があれば、失敗をバネにして成功をつかむことができるのです。嫌な感情を素直に認め、すばやく切り替え、立ち直るための行動をとる、という簡単なプロセスで、過食ストレスに負けない強い心を育てましょう。

性格に合わないダイエットは過食のもと!自分にぴったりの方法は何?

頑張ってダイエットしてるのに結果が出ないのは努力が足りないせい?そうではなく、そのダイエット方法があなたの性格に合っていなかっただけかもしれません。自分にぴったりの方法が見つかれば、もっとラクに楽しくやせられるはず。簡単なチェックで、あなたの性格にぴったりのダイエットがわかります。

摂食障害克服を叶える【引き寄せの法則】② ワクワク波動で幸せになる!

前回の『摂食障害克服を叶える【引き寄せの法則】① 現実は思考で変えられる!』では、自分の思考や感情をコントロールすれば、どんな願いごとでも現実化できるということをお話ししました。今回は、あなたの眠っている「引き寄せ力」を目覚めさせ、拒食や過食の苦しみから抜け出すための方法を、いくつかご紹介していきたいと思います。

摂食障害克服を叶える【引き寄せの法則】① 現実は思考で変えられる!

「普通に食べられるようになりたい!」と願いつつも、「どうしていつまでたっても苦しい状態から抜け出すことができないの?」と自分を責め、嘆き悲しむ日々に疲れてはいませんか?でも本来、どんな願いごとでも、それが本心から湧き上がったものであれば、叶うようにできているのです。今回は、摂食障害を克服したいという、あなたの切なる望みを現実化する「引き寄せの法則」について、お話しします。

摂食障害を悪化させ長引かせる「引きずりやすい性格」を改善する方法②

『摂食障害を悪化させ長引かせる「引きずりやすい性格」を改善する方法①』でお話ししたように、摂食障害の大敵である引きずるクセを放置したままだと、過食も拒食もなかなか思うように治る方向へは進めません。ただ、このクセはあくまで自分の思考と行動次第。簡単な工夫で直すことができるのです。私がおすすめする簡単な改善策を、いくつかご紹介していきたいと思います。

摂食障害を悪化させ長引かせる「引きずりやすい性格」を改善する方法①

誰かに言われた何気ない言葉、ちょっと失敗してしまったことをいつまでも気にしてクヨクヨ悩み続けることありませんか?些細なことを引きずりがちな性格は摂食障害を引き金となりやすく、悪化をまねいて回復を遅くする危険性大!過食も拒食もなかなか治る方向へは進めません。摂食障害の大敵である「引きずりやすい性格」を改善する方法について、お話ししたいと思います。

食への欲求は心と体が伝える大切なメッセージ。ちゃんと聴いてますか?

何をどれくらいの量食べればよいのか、わかならくなってしまうことはありませんか?本当の答えはあなたの中にあります。心と体の求めるサインを無視して好き放題に食べ続けていると、みるみる心も体も病んでしまいます。食への欲求は、心と体がからの大切なメッセージ。これを聴こうとしなければ、摂食障害の克服はきっと遠いものとなるでしょう。
error: Content is protected !!