拒食・過食をやさしく癒すアロマ活用法① 実はすごい!天然植物の香り効果

心と体のさまざまな不調に働きかけるアロマテラピー。

癒しをあたえてくれるグッズとしておなじみですが、このパワー、本当に侮れません!

心地よい香りが脳にダイレクトに作用して、自律神経やホルモンバランスをととのえます。

拒食や過食に悩む心と体をおだやかに癒し、正常で快適な食行動にみちびく、よきサポーターとなってくれるのです!

今回は、私も実際に効果を感じ、今も生活に欠かせない、アロマテラピーについてお話しします。

拒食・過食をやさしく癒すアロマ活用法②お手軽ケアでストレスフリー♪♪
前の記事、『拒食・過食をやさしく癒すアロマ活用法① 実はすごい!天然植物の香り効果』では、アロマテラピーが摂食障害に悩む心と体をおだやかに癒し、正常で快適な食行動にみちびく可能性について、お話ししました。今回は、私自身が拒食や過食で苦しい時期、取り入れていたアロマオイル活用法を、いくつかご紹介していきたいと思います。
スポンサーリンク

スポンサーリンク


アロマオイルって摂食障害に効果あるの?

アロマテラピーとは、芳香のある植物のエッセンスを嗅いだり、肌に塗ったりして、含まれる成分を体内に取り込んで、人間が本来もつ自然治癒力を高めるというもの。

日本でアロマオイルは雑貨扱いですが、フランスでは薬局で処方されていて、病気の予防・治療に有効だと認められ、病院など医療の現場で実際に活用されているそうです。

対処療法的な現代医学とは違い、アロマテラピーは「アンバランスな部分を調整し、本来あるべく調和を取り戻す」というもの。

人の心と体にやさしく快適に作用し、自然にハッピー気分になることができるというわけです。

過食や拒食をもたらす心を癒し体調をととのえるアロマの働き

気持ちをすみやかに落ち着ける

嗅覚は視覚や聴覚などの感覚と違い、「考える脳」を経由せず「感じる脳」へダイレクトに伝わり、自律神経系、ホルモン系、免疫系などの働きを正常にします。

アロマの香りは奥深い感情に瞬時に伝わり、すみやかに気分を好転させます。

そして、有効成分の刺激が、心身を健やかに保つ効果が期待できるのです。

心の傷を癒し、正常な食行動にみちびく

例えば、過食に悩んでいるのなら、根本原因となっている感情をやわらげ、過剰な食への欲求をクールダウンしてくれます。

拒食に悩んでいる場合は、食べること拒んでいるを心のブロックを取り除き、生きる糧を心身に取り込むのを自らにゆるせるようになるでしょう。

食の乱れによる体調不良を改善

アロマの有効成分は、肺から血管内に入り、全身を巡って全身を健康な状態にととのえます。

また、皮膚から吸収されたアロマの分子は、皮膚の奥深くある真皮まで届き、血管内に入って血液やリンパの流れを促し、老廃物を除去します。

免疫機能も刺激され、体全体を理想的なコンディションへと導いてくれるのです。

本来の健康美を取り戻す

食が乱れると、心も体も病んできます。

例えば過食は、消化に過剰な負担をかけることになります。

そうすると胃や腸が荒れ、消化吸収や排泄に関わる機能が低下します。

毒素を排出するのに重要な肝臓や、老廃物をろ過する腎臓も、正常に働かなくなります。

さまざまな体調不良に悩まされるだけでなく、お肌、髪、爪など、女性としての美しさを保つことも難しくなってしまいます。

そうなると心が暗くなり、イライラや憂うつ感が募っていきます。

こういった摂食障害による数々のお悩みも、アロマの力を味方にすることで改善効果は十分期待できる、私は自分の経験からもそう感じています。

アロマオイルを選ぶ際の注意点

過食や拒食の苦しみを癒すには、どのようなアロマオイルを使えばよいのでしょうか?

何の種類かということよりもまず、失敗しないアロマ選びの注意点について、お伝えしておきたいと思います。

というのも私自身、アロマを取り入れ出したはじめの頃、選び方を間違って、思うような効果が得られない時期があったからです。

モノによっては高価な出費となってしまいますので、大切なポイントを頭に入れておいてくださいね。

そもそもアロマオイルってどういうもの?

「アロマオイル」という名称でいろいろな製品が売られていますが、ここでお話しするのは、「精油」「エッセンシャルオイル」ともいわれる、天然の植物から抽出した香りエキスのことです。

人工的な加工がされたものや化学合成の香料では、100%天然の植物から作られたアロマ成分のような効果は望めませんので、まずはそのことに注意してくださいね。

パッケージの表示を確認して、信頼できるブランドのものを選ぶとよいでしましょう。

選ぶ決め手は自分の直感

ショップやサロンですすめられたものでも、それが好みに合わなければ、無理に使っていても、あまり効果は望めません。

選ぶ決め手は、「いい香り〜」「好き」「なんかよさそう…」というように、自分自身が快適に感じられるかどうかが、一番の決め手になると思います。

目的や時間に合わせて使い分ける

感情や体調は、季節によって変わることもありますし、1日の中でも変化するものです。

その時々によって、目的、求める効果、香りへの感じ方は違ってくるでしょう。

自分の心と体をよく観察し、お気に入りのものにこだわりすぎず、使うべきアロマオイルを見極めるよう、心がけてください。

ショップで試してお気に入りを見つける

同じ植物のアロマオイルでも、メーカーやブランドによって多少違いがあります。

自然の植物が原料なので、細かい品種の違い、育った環境や天候、製造過程での扱い方などによって香りが異なるのです。

できれば実際に香りを確認してから、自分に合うと素直に感じるのものを見つけ、購入するようにしましょう。

続きは『拒食・過食をやさしく癒すアロマ活用法②』で

アロマテラピーの素晴らしい可能性を、感じることができたでしょうか?

アロマの香りは心を落ち着け、傷を癒してくれる。
アロマの成分は全身に作用し、体調不良を改善する。
アロマを味方に、女性ならではの美しさを輝かせる。
自分に合ったアロマオイルで効果を高める。

次の『拒食・過食をやさしく癒すアロマ活用法②』では、私が実際に使って効果を感じた、おすすめのアロマオイルとその活用法をご紹介します。

拒食・過食をやさしく癒すアロマ活用法②お手軽ケアでストレスフリー♪♪
前の記事、『拒食・過食をやさしく癒すアロマ活用法① 実はすごい!天然植物の香り効果』では、アロマテラピーが摂食障害に悩む心と体をおだやかに癒し、正常で快適な食行動にみちびく可能性について、お話ししました。今回は、私自身が拒食や過食で苦しい時期、取り入れていたアロマオイル活用法を、いくつかご紹介していきたいと思います。
スポンサーリンク

スポンサーリンク


今日も私のブログを読んでくださり、心から感謝です!
ランキングの応援クリックありがとうございます♡

行動
KumiCrystalをフォローする
摂食障害 – 約30年間の闇を抜け出したリアル体験から

コメント

error: Content is protected !!