食べもの

食事

味覚が変われば食べ過ぎない①10日で「やせる舌」にリセットできる!

「味オンチ」とは「太る舌」!? 味覚が鈍感だと食べても食べても脳と心を満足させることができず、ダイエットも失敗続きに。でも繊細な味を「美味しい!」と感じられる本来の味覚は、短期間で簡単に取り戻すことが可能!過食をおさえて楽やせするには「味覚チェンジ」が必須です。
食事

過食は悪徳の極み?食を慎めば運勢好転!水野南北の教えが衝撃すぎる

過食、拒食の乱れた食生活を続けていては、絶対に幸せにはなれません。運勢を好転させたければ、とにかく食を慎まなくてはならないのです。「人の運は食にあり」という信念のもと、食事と運命の関わり説いた江戸時代の観相家 水野南北の教えから、食で幸運を引き寄せる食べ方をご紹介します。
行動

過食を防いで脂肪を燃やす「睡眠ダイエット」3つの効果的な方法とは?

睡眠不足になるほど肥満になる可能性が高まることは、医学的にも証明されています。睡眠は心身を休ませるだけのものではなく、実は絶好のダイエットチャンス!質のよい眠りで脂肪がぐんぐん燃焼し、過食衝動もおさまる、それが「睡眠ダイエット」です。快眠で自然にやせモードになる、最も効果的な3つの方法をご紹介します。
食事

新型摂食障害「オルトレキシア」に要注意② 本当の健康をつくる食事とは?

食への強いこだわりで起こる「オルトレキシア」。どのようなタイプの人が陥りやすいのでしょうか?簡単なテストであなたの危険度がチェックできます。溢れる情報に翻弄されることなく健康を保つには、どういった食べ方をすべきなのでしょうか?私が普段から心がけているヘルシー食との付き合い方など、お話ししたいと思います。
食事

新型摂食障害「オルトレキシア」に要注意① 健康志向で拒食・過食に?

健康的な食べものや食べ方にこだわりすぎて不健康になってしまう危険性があること、知っていますか?「オルトレキシア」という新型の摂食障害は高すぎる健康志向が原因。私も摂食障害を克服する数年前この状態を経験し、前進と後退を繰り返していました。今回は、摂食障害の回復期に起こりがちな「オルトレキシア」ついてお話しします。
食事

本当の味わい方を知れば過食は防げる②美味しく食べて心の栄養補給!

前回の『本当の味わい方を知れば過食は防げる①』では、食事を量ではなく味で満足し、心を満たすことの重要性についてお話ししました。今回は、それを実際におこなう際の具体的方法をご紹介します。この食べ方が自然にできるようになれば、食事が苦しみではなく快い喜びをもたらす体験となり、過食衝動が身をひそめてゆくことでしょう。
食事

本当の味わい方を知れば過食は防げる① 必要なのは満腹感より満足感♪

どんなに大量の食べものを胃に詰め込んでも、食べることをやめられない。それは、あなたがその食事に満たされていないから。量で満腹になろうとしているだけで、本当の意味で食べもの味わっていないのではないでしょうか?過食をおさえるには、「量で満腹」ではなく「味で満足」できるようになる必要があるのです。
食事

あなたを過食に導く食べものは何?脳も心も乱す危険食品は食べないで!

「今度こそ絶対に過食しない!」と心に固く誓っても、気がついたら乱暴に食べものを口に放り込む自分がいる…最初はなんとか節度を保っていても、食べ進めていくうちに、あるタイミングで過食に切り替わってしまうことってありませんか?私は過食スイッチを間違いなくオンにする「危険な食べもの」を避けることで、なんとか過食への移行を逃れられるようになっていきました。今回はそんな「危険な食べもの」についてお話しします。

食への欲求は心と体が伝える大切なメッセージ。ちゃんと聴いてますか?

何をどれくらいの量食べればよいのか、わかならくなってしまうことはありませんか?本当の答えはあなたの中にあります。心と体の求めるサインを無視して好き放題に食べ続けていると、みるみる心も体も病んでしまいます。食への欲求は、心と体がからの大切なメッセージ。これを聴こうとしなければ、摂食障害の克服はきっと遠いものとなるでしょう。
error: Content is protected !!