寝るだけで過食が治る?食欲の暴走を無理なくおさえる眠りの魔法

「あなたは毎日十分な睡眠をとっていますか?」

「深く眠れていますか?」

「目覚めは爽やかですか?」

今、摂食障害に悩んでいるなら、たぶん答えはすべて「いいえ」なのではないでしょうか。

実は睡眠不足は、摂食中枢を狂わせて過食衝動を加速させる重大な原因のひとつ!

過食の典型的な悪循環に陥っているとしたら、そこから抜け出す最も手軽で最強の効果をもたらす「睡眠習慣」を見直しましょう。

必要な時間帯にぐっすり眠ること、すなわち快眠パワーを味方につけることで、不思議なことに、それほど頑張らなくても自然に食欲のコントロールができるようになるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


睡眠不足の場合

慢性的な睡眠不足状態で過食の暴走に打ち勝つなんて、よほどの精神力がない限り無理なこと。

私もそうでしたが、ほとんどの場合、過食は夜におこなうかと思います。

夜遅い時間に大量に食べて吐いてなどとやっているとと、当然のごとく睡眠不足になってしまいますよね。

で、翌朝は最悪の気分で目覚め、睡魔と戦いながらぼんやりと1日を過ごし、夜になるとまた過食の悪魔が暴れ出す。。。

そんな、過食の典型的な悪循環に陥っているとしたら、あなたの中では次のようなことが起こっています。

食欲を調整するレプチン、グレリン、オレキシンのバランスが崩れる

睡眠不足だと、食欲をおさえる働きをするホルモン「レプチン」の分泌が減ります。

一方、食欲を増加させるホルモン「グレリン」「オレキシン」の分泌が増えます。

食欲がどんどん増して、過食に陥りやすくなってしまうのです。

遅い時間の食欲を促す

睡眠が十分でないと翌朝の目覚めが悪く、日中はあまり食欲がわきません。

その分、夜になると食欲が爆発し、どか食いを引き起こしやすくなります。

遅い時間に食べると、どうしても消化不良のまま眠りにつくこととなり、快眠の妨げとなります。

また、脂肪が体に蓄積されやすく、よりいっそう太りやすくなるのです。

基礎代謝が低下し、筋肉が減り脂肪が増える

全身の新陳代謝は睡眠中に最も活発に行われます。

睡眠が不足すると、本来睡眠時に出るべき「コルチゾール」というホルモンが日中にも分泌されてしまいます。

そうなると、「コルチゾール」はインスリンの働きを阻害し、血糖値が上昇しやすくなります。

それによって体内の糖や脂肪の分解抑制され、代謝が低下。

さらに、成長ホルモンの働きを低下し、筋肉がつきにくく、脂肪を蓄えやすい体になってしまいます。

セロトニンを求め、太りやすいものをたくさん食べたくなる

「人は睡眠不足になると食欲が増す」という研究データもあるそうです。

思い起こしてみてください。

睡眠が十分にとれていない時って、普段よりも甘いものやスナック菓子が食べたくなったりしませんか?

こういった傾向にも、ホルモンの作用が関係しています。

糖質を摂取することで、脳内に癒しホルモンである「セロトニン」が分泌され、不眠によるストレスを緩和させ、気分を落ち着かせてくれます。

この心地よさを脳が知ってしまうと、なかなか厄介です。

欲求がエスカレートしやすくなり、さらに多く、頻繁に食べないと満足することが難しくなってしまうのです。

そのうえ、睡眠不足によって代謝が低下して脂肪分を蓄えやすくなっているため、どんどん太り、そのストレスからまた食べて…という睡眠不足と過食の悪循環に陥ることになるのです。

睡眠が不足すると過食しやすく、太りやすくなる!

つまり、しっかり寝なければ、食欲を自力でコントロールするのが困難になり、代謝の低い太りやすい体質になってしまうということ。

たかが睡眠と侮るなかれ!

なんとも恐ろしいことですね。

快眠の場合

それでは、量・質ともに良い眠りを習慣にすれば、どのようになるのでしょうか?

自律神経がととのい、食欲が正常になる

快眠によって、規則正しい生活リズムが習慣づけられることで、自律神経のバランスががととのいます。

それによって食欲中枢が正常に働くので、過剰な食欲がおさえられます。

つまり、過食衝動に翻弄されることが自然と減っていくことになるのです。

成長ホルモンの分泌が活発になる

「成長ホルモン」は、1日の約7割が睡眠中に分泌されます。

骨や筋肉の成長を促し、免疫力の活性化、疲労回復、細胞の修復など、たくさんの重要な役割を担っています。

このホルモンのおかげで、全身の代謝が促進され、筋肉合成、脂肪燃焼が活発になり、太りにくい体になるのです。

皮膚細胞の新陳代謝も活性化し、女性ホルモン「エストロゲン」の産生を助け、健やかで美しい肌、髪、体づくりにも大いに役立ちます。

「成長ホルモン」の分泌は、特に入眠してすぐの深い睡眠時に集中しています。

コルチゾールの分泌が活発になる

睡眠後半になると、「成長ホルモン」の分泌は低下し、それとバトンタッチするかのように「コルチゾール」というホルモンの分泌が増えてきます。

「コルチゾール」は、生命活動に必要なブドウ糖を肝臓に蓄えて、自然な目覚めを促します。

また、脂肪をエネルギーに変換するので、「寝ながらにしてやせる」という夢のような効果をもたらしてくれるのです。

快眠だと正常な食欲が保ちやすくなり、美ボディになる!

つまり、質・量ともに十分な睡眠習慣を身につけることで、ちょっと食べ過ぎたとしても太りにくい体質になることができるのです。

たまに過食することがあったとしても、食べた後の罪悪感に苦しむことが以前より減ることになるかもしれません。

また、体重管理にそれほど神経質にならずにすむのなら、それだけで気持ち的にずいぶん楽になるでしょう。

心も体もリラックスでき、快眠と心地よい食事との良い循環へと繋がってゆくのではないかと思います。

まとめ

睡眠と食事との関係、いかがでしたか?

どうやらその鍵は、体内のホルモンバランスが握っているようですね。

私自身、睡眠に気を配るようになってから、明らかに過食の頻度や重症度が減りました。

それまでの変な「力み(りきみ)」みたいなものがふっと取り払われたようにも感じました。

睡眠は誰にでもできて、お金もかからず、特別な時間もいりません。

しかも副作用の心配も全くない、安心安全のメソッド。

さらに、その効果は絶大とあれば、やらない理由が見つかりません!

実践的な快眠方法については、また別の記事で何回かに分けて詳しくご紹介していきたいと思います。

楽に摂食障害を回復させたいのなら、ぜひとも明日、いえ今晩からでも、しっかりと眠ることを心がてけみてくださいね。

コメント

error: Content is protected !!