腸活で食欲も正常に!「やせ菌」を増やしてダイエット効果アップ♪

腸内に「やせ菌」が多ければ太りにくく、体型維持が楽にできます

腸内環境は脳や心の状態にまで影響をあたえるので、過食を引き起こす異常な食欲や食行動の改善にも繋がります。

逆に「デブ菌」が多ければ、ダイエットをしてもなかなかうまくいかず、ますます太りやすくなることに。。。

つまり、太るもやせるも腸次第!

「やせ菌」を増やして「デブ菌」を減らす「腸活」に努めましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


太るかやせるかは腸内フローラの状態で決まる

私たちの腸内には、1000種類以上、100兆個以上もの細菌が棲んでいて、いろいろな活動をしています。

さまざまな細菌が共生する腸内細菌叢は、その様子がまるでお花畑のようであることから、「腸内フローラ」ともよばれています。

すべての不調は腸にある?

最近の研究では、腸内細菌は健康や美容面だけでなく、脳や心の状態までも左右するカギだということが、次々と明らかになってきました。

「すべての不調は腸にある!」とまで断言する研究者までいるようで、ダイエットだけでなく過食や拒食などの依存症も、腸内細菌たちの仕業かもしれないというのです。

善玉菌・悪玉菌・日和見菌

腸内細菌には、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3グループがあります。

それぞれの割合は、2:1:7が理想的とされ、食事や生活習慣によって変動します。

善玉菌と悪玉菌は、日々腸内で勢力争いを繰り広げており、日和見菌は優勢な側の味方に加担して、その菌をパワーアップするのです。

善玉菌を増やして悪玉菌を減らせば健康に

善玉菌は免疫力を高め、「幸せホルモン」ともいわれる「セロトニン」「ドーパミン」などを分泌したり、ビタミンを作り出すなど、心と体の健康に大切な働きがたくさんあります。

一方、悪玉菌が増えすぎると、心身にさまざまなダメージをもたらすことに!

心を癒してダイエット効果UP♪ 脳内物質セロトニンで楽やせ体質に!
なかなか過食や拒食から抜け出せず、失敗続きのダイエットやストレスに心が押しつぶされそうになってはいませんか?そんなあなたは「セロトニン」が足りていない可能性大です。不足すると、落ち込んだりイライラしやすくなり、異常な食欲に振り回されることに!日々の工夫でセロトニンを増やし、幸せ気分で楽やせを叶えましょう!
ハッピーダイエットのためのドーパミン活用法①正しく使えば楽やせできる♪
ダイエットを楽に成功させたいのなら、やる気を強力に後押しする脳内物質「ドーパミン」に注目!味方にすれば無理に頑張らなくても望む成果を手に入れられます。ただし取り扱いを間違うと、過食や拒食を悪化させる危険性も!食に惑わされない自分になるために知っておくべき「ドーパミン」についてお話しします。

善玉菌が増えればやせ菌も増加

「やせ菌」「デブ菌」は、腸内細菌の7割を占める日和見菌の仲間

日和見菌が善玉菌により多く加勢すれば「やせ菌」が増え、逆に悪玉菌の方に多くつくと「デブ菌」が増えます。

つまり、善玉菌が増えれば「やせ菌」が増え、悪玉菌が増えれば「デブ菌」が増えることとなるのです。

やせ菌とは? デブ菌とは?

「やせ菌」は、あなたを楽やせ体質へと導き、「デブ菌」は太りやすい体質へと導きます。

実際に、やせている人の腸の中には「やせ菌」が多く、太っている人にはバクテロイデスが少ないということが、研究で分かっているのです!

やせ菌が多いと太りにくくなる理由

「やせ菌」といわれる善玉の「バクテロイデス」は、私たちが食べたものを餌にして、腸内で酢酸、プロピオン酸、酪酸などの「短鎖脂肪酸」を生成します。

細胞に脂肪が取り込まれるのを抑え、脂肪燃焼を高める働きがあるので、バクテロイデスが腸内に多ければ、食べても太りにくくなります

さらに、バクテロイデスが作り出す短鎖脂肪酸は、腸の運動を活発にして便通を改善し、悪玉菌の増殖を抑えたり、免疫力を高めるなど、健康に役立つさまざまな働きをしています。

デブ菌が多いと太りやすくなる理由

「デブ菌」の「フィルミクテス」は、食べたものからより多くの脂肪分や糖分を吸収する性質があるので、腸内にこれが多いと太りやすくなります

やせ菌「バクテロイデス」がデブ菌「フィルミクテス」より多くなるほど、肥満、糖尿病、心臓病などの生活習慣病のリスクが高まるのです。

さらに、うつやアルツハイマーなど、脳に関連する障害も、悪玉菌優勢の腸内フローラが関わっています。

なので、デブ菌が増えることで、食欲や食行動にも悪影響がおよぶ可能性があり、ますます太りやすくなることに!

デブ菌を減らしてやせ菌を増やす食事

デブ菌を減らしてやせ菌を増やすには、腸内フローラを善玉菌優勢の状態に保つことが大切。

普段から腸活を意識していれば、お腹の中をやせ菌が棲みやすい環境に保つことができます。

まずは、日々の食事にしっかりと気を配りましょう。

やせ菌を増やす食事

「やせ菌」が好むのは、食物繊維豊富なヘルシー食

乳酸菌などが豊富な発酵食品も、善玉菌を優勢にしてやせ菌増強に役立ちます。

味噌、塩麹、甘酒、納豆、漬物、雑穀、海藻、根菜などの伝統的な和食材は、どれも善玉菌の大好物。

年齢を重なるとともに代謝が落ちるだけでなく、悪玉菌が優勢になりやすいので、今太っていなくても、やせ菌を増やす食材を意識して食べることは、将来のメタボ対策になります。

野菜 海藻 フルーツ きのこ類 豆類 いも類 玄米 雑穀 納豆 漬物 キムチ ヨーグルト オリゴ糖  など

デブ菌を増やす食事

一方「デブ菌」は、脂肪分と糖分たっぷり食事が大好物です

つまり、ジャンクフードやB級グルメなどを頻繁に食べるのは、デブ菌にせっせとエサをやるようなもの。

出来合いのお惣菜や加工食品、インスタント食品、外食も、脂肪過多になりやすいので要注意!

大量の白砂糖やトランス脂肪が含まれるお菓子の食べ過ぎも、デブ菌をどんどん増殖させることに!

添加物や人工甘味料も、腸内環境に悪い影響をもたらす危険性があるといわれています。

脂身の多い肉 揚げもの 炒めもの 加工食品 インスタント食品 スナック菓子 スイーツ  など

まとめ

善玉菌を増やせばやせ菌が増え、たくさん食べても太りにくい体質を手に入れることができます。

異常な食欲や食行動を引き起こさない、おだやかな心でいられるようにもなるでしょう。

腸内細菌は、数日〜数週間という短期間の腸活で変えることができるとのこと。

さっそく食事や生活習慣を見直して、あなたの腸内フローラを、善玉菌でいっぱいの美しいお花畑にしてくださいね

スポンサーリンク

スポンサーリンク


今日も私のブログを読んでくださり、心から感謝です!
ランキングの応援クリックありがとうございます♡

食事
KumiCrystalをフォローする
摂食障害 – 約30年間の闇を抜け出したリアル体験から

コメント

error: Content is protected !!