快食ダイエットで過食を防ぐ!脳を癒して無理なくやせる「幸せ食べ」とは?

食欲は快楽の源ともいえる、人間の本能的欲求のひとつ。

それを我慢で押さえ込もうとしても、結局ストレスになって余計に過食を助長する結果に。。。

湧き上がる食欲は「食べずに我慢」ではなく、「美味しく楽しく食べる」を選ぶのが正解!

脳が心地よさを感じることで過食がストップ、無理なくやせることができるのです。

「快食ダイエット」で脳を幸せ気分で満たす食べ方をご紹介します

スポンサーリンク

スポンサーリンク


食欲を正しく満たせば無理なくやせる!

医学博士で脳下垂体ホルモンの研究の専門家、横倉恒雄先生が提唱する「快食療法」をご存知でしょうか?

先生曰く、人が太る根本的な原因は、脳が過剰なストレスで疲れきってしまうからなのだそう!

過剰な脳疲労は太るもと

脳が疲労すると、五感、精神、自律神経、ホルモン分泌に異常が起き、食欲が過剰になったり、代謝がダウンするなど、心身に悪い影響を与えます。

その結果、肥満や病気になってしまうというわけ。。。

過食に苦しまず、食欲を正常にして楽にダイエットを成功させるには、脳疲労をしっかり取り除くことが不可欠なのですね。

食欲を満たして脳を癒す

脳の疲れを取るのに効果的な方法のひとつが、手っ取り早く快楽をもたらす「食欲」を正しく満たすこと。

つまり、やせたいのなら好きなものを我慢せず、美味しく楽しく食べて、心の底から幸せ気分を感じるべし!

「快食」で脳の疲れやストレスが吹き飛んで、結果的に健康的なダイエットになるというわけです。

幸せ気分の食事で食欲が正常に

でも、食欲のままに好き放題食べていたら、太ってしまいそう。。。

人によっては一時的に太ってしまうこともあるかもしれません。

でも、続けるうち無駄な食欲と脂肪がするすると取れていき、多くの人が無理なく理想の体型に近づくことが、実証されているのです。

脳ストレスフリーで過食ストップ

野生動物には、肥満や生活習慣病がないそうです。

彼らは自然の中で本来の食欲のままに食べて、寝て、その種にあるべき生き方をしています。

だから、脳が疲弊することがありません。

人間も動物なのですから、脳疲労を癒す快食で正常な食欲が戻り、心身ともに健康になることができるはずです。

脳が幸せになる♪「快食ダイエット」の基本

「快食」とは、食べたいものを我慢せずに食べ、脳疲労を取り除き、本来の正しい食欲を取り戻す食べ方。

無理な食事制限をすることなく、気がつけば理想の体型に。。。

そんな食習慣が「快食ダイエット」なのです。

食べたいものを食べる

何を食べるかは、カロリーや栄養にとらわれず、素直に「好き♡」「美味しそう♪」「食べたい!」と感じるものを選びましょう

これは太りそう、体に悪そう、などということは気にせず、自分の心が求めるものを思う存分食べてみてください。

快食を続けて脳疲労がとれてくればメンタルが落ち着き、体に必要な食べものを自然と欲するようになり、健康によくないものを好まなくなっていきます。

ヘルシーな食べ方をしたくてもなかなかできない…という場合も、まずは快食で脳の疲れを癒してから食習慣を改善していくとスムーズでしょう。

満足するまで食べる

「腹8分目」などということは考えず、満足感が得られるまで思いっきり食べてみましょう

ただし、幸せ気分で美味しく楽しく食べる、これが絶対条件です。

苦しみながら食べものを大量に口に放り込む「過食」と混同しないこと!

食べたことに罪悪感を感じる食べ方は、脳に強いストレスを与え、食欲を暴走させます。

食後、笑顔で「美味しかった〜♪」と言える食べ方をすることで、食欲が正常になり、適正量の食事で満足できるようになるでしょう。

お腹が空いてから食べる

野生動物のように、空腹感に従って食べ、満足感を感じたら食べ終わる、という食生活であれば、過食することはなく太りません。

お腹が空いているわけではないのに、なんとなく食べてしまうのはNG。

時間や習慣、お付き合いで食事をとるのは、動物としての本能を無視した食べ方です。

食べる前に、本当に空腹なのか、自分に問いかけてみましょう。

好みの味付けで食べる

食事は自分が美味しいと感じる味付けで食べましょう。

カロリーや栄養を気にして、好みと違う味の料理を食べたり、好きな調味料を制限すると、胃袋はいっぱいになっても、脳が満足しません。

快食を続けて脳がストレスフリーになると、自然と素材そのものの風味が感じられる薄味を好むようになり、刺激的な味にそれほど魅力を感じなくなってくるでしょう。

食事はリラックスして楽しく

忙しくても、リラックスして食事をとる時間を大切にしましょう。

人と一緒に食べるときは会話しながら、楽しい食空間を共有しましょう。

ひとりの時は、美しい音楽をBGMに、じっくり味わいながら食べましょう。

スマホをいじりながらや、仕事しながらの「ながら食い」は厳禁!

食事に集中しなければ、なかなか満足感を得られず、正常な食欲を取り戻すことが難しくなってしまいます。

快食ダイエットの注意点

快食ダイエットを順調に進めるためには、次のようなことにも気を配るとよいでしょう。

スイーツは食事の後に

スイーツも、好きならもちろん食べてOK。

ただし、スイーツを食事の代わりにするのはよくありません。

食後であれば糖が体に穏やかに吸収されますが、空きっ腹に食べると血糖値の乱高下が起こりやすく、食欲が暴走しやすくなります

体重計に乗らない

体重計の目盛り数に一喜一憂するのは、ストレスになってしまいます。

快食ダイエットの効果は頭で判断するのではなく、体で感じるもの。

感覚で心と体の変化に気づくことで、快食の結果を素直に喜びましょう。

運動は嫌いならやらない

「やせるために運動しなきゃ!」という義務感も、脳にストレスを与えます。

運動が好きならストレス解消に大いに役立ちますが、体を動かすのが嫌いなら、無理にする必要はありません。

快食で脳や体の機能が正常になれば、自然と体を動かしたくなるでしょう。

食事以外でも「快」を感じることを増やす

快食だけでなく、好きなことをたくさんして、日々の生活で「快」を得る感る機会を増やしましょう。

楽しいことや幸せを感じることがたくさんあればあるほど、脳がリラックスでき、ストレスで過食することがなくなります。

快食ダイエットの成功は継続にあり!

脳ストレスがあまりにも大きい場合、快食で一時的に太ることもあります。

でも、気にせず続けていれば脳が癒され、食欲や代謝機能が正常になり、無駄な脂肪が落ちていくでしょう。

快食ダイエットは短期集中型のダイエットではなく、食べ方そのもの変えて本来の正常な食欲を取り戻す食生活改善法

結果は長い目で捉え、数ヶ月後、一年後の変化を楽しみにしながら続けましょう。

まとめ

過食が習慣化すると満腹中枢が鈍くなってしまうので、私は最初「快食」と「過食」の区別がわからず苦労しました。

でも続けているうちに、自分を攻撃する「過食」が減り、自分を幸せにする「快食」ができるようになっていきました。

脳ストレスをときほぐし、「食べる幸せ」をきちんと感じることで、心と体を傷つける無理なダイエットや過食から解放されるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


今日も私のブログを読んでくださり、心から感謝です!
ランキングの応援クリックありがとうございます♡

食事
KumiCrystalをフォローする
摂食障害 – 約30年間の闇を抜け出したリアル体験から

コメント

error: Content is protected !!