ビタミンC不足で甘いものが欲しくなる① 砂糖依存にはフルーツを!

むしょうに甘いものが食べたくなる時、あなたの体が本当に欲しているのは砂糖たっぷりのスイーツなどではなく、ビタミンC豊富な「フルーツ」なのかも?

体はビタミンC豊富な食べものを必要としているのに、そのサインを無視し、次々と甘いお菓子を口に運んでいては、いつになっても満たされるわけがありません。

砂糖依存に陥り、過食が止まらなくなって、心身を傷つける結果となってしまいます。

甘いものが欲しくなったら、とりあえずフルーツを食べてビタミンC補給。

その心がけひとつで、スイーツへの強すぎる欲求がおさまる可能性があるのです。

ビタミンC不足で甘いものが欲しくなる② フルーツでダイエット
ビタミンC不足になると甘いものへの欲求が強くなりやすいので、砂糖たっぷりのスイーツを控え、ビタミンC豊富な「フルーツ」をしっかり食べるべき!今回は、砂糖依存や過食を克服し、ダイエットを成功させるために、特におすすめのフルーツと、おすすめできないものとをご紹介します。
ビタミンC不足で甘いものが欲しくなる③ 過食を防ぐフルーツの食べ方
体はビタミンCが不足している時「甘いものが食べたい!!!」という強い欲求が起こることあります。そんな衝動が頻繁に起こるなら、甘いお菓子ではなく、ビタミンC豊富な「フルーツ」をしっかり食べるべき!砂糖依存や過食を克服し、ダイエットを成功させるために、私がおすすめするフルーツの食べ方をご紹介します。
砂糖中毒はこんなに危険①甘いもの依存が過食を悪化させる理由とは?
砂糖は依存性が高く、その魔力に囚われると脳に直接働きかけ、ますます糖分過多になる行動を誘います。自らの意志と関係なく「甘いもの食べたい!!!」という強烈な衝動に苦しみ続けることに。。。過食を本気で治したいなら、甘い誘惑の怖さをしっかり理解して、一刻も早く砂糖依存の状態から抜け出す覚悟をしましょう。
スポンサーリンク

スポンサーリンク


人には足りない栄養素を欲する本能がある

食欲には、体内の栄養状態が関わっています。

特定の食べものを強く欲する時、体は本能的に何かしらの栄養素を求めているのです。

食欲は栄養補給を求める体からのメッセージ

「〇〇という栄養素が不足しているから補って!」という体からのメッセージが、「△△が食べたい!」という食欲というカタチであらわれます。

体からの本当のメッセージを勘違いして、別の食べものを食べてしまえば、必要な栄養素を補うことができません。

不足している栄養素をなんとか取り込もうとして、体は躍起になり、食欲をさらに増大させます。

「食べても食べても止まらない!」「食べれば食べるほど欲しくなる!」といった悪循環となってしまうのです。

体の声を聞いて食べる

体の本当の声に耳を傾ければ、必要な栄養素が何であるかがわかります

心の声とともに体の声もしっかり聴き、それにしたがって食べれば、身も心も満たされます。

湧き上がる食欲は、本当に必要な食べものを体に取り込むことで、おさまりやすくなるのです。

ビタミンC不足で甘いものが欲しくなる理由

甘いものが欲しくなるのは、心理的欲求、思考、環境など、さまざまな要因がありますが、足りていない栄養素を補おうとする体からの欲求も、大きく影響しています。

ビタミンCが不足すると、甘いものを食べたくなってしまう理由は、ビタミンC】【フルーツ】【甘いもの】の関わりを知ると理解しやすいでしょう。

人々を魅了するフルーツ

遠い昔、私たちの祖先は、フルーツからビタミンCを取り入れながら、甘さを楽しんでいました。

熟したフルーツには、ビタミン・ミネラルなど体に必要な栄養素が豊富。

香り高く、自然そのもののみずみずしい甘さにあふれたフルーツには、多くの人々を魅きつける特別な力があるのかもしれません。

フルーツで美味しくビタミンC補給

まだ砂糖がない時代、甘いものといえば主にフルーツでした。

だから人は「甘いものが食べたい」感じたらフルーツを食べ、それでビタミンCを補給することができました。

「ビタミンCが欲しい!」という体からの欲求が、「フルーツが食べたい」につながっていたのです。

「甘いもの食べたい!」の本当の意味は?

現代人の多くは、体からの本来の要求を聴くのが苦手です。

特に、過食や拒食で苦しんでいる人は、体からのメッセージを受け取る力がひどく弱まっています。

だから「ビタミンCが欲しい!」を「甘いものが食べたい!」というように、間違った受け取り方をするという誤作動が起こってしまうのです。

きっとその時、体が本当に求めているのは、砂糖たっぷりのスイーツをなどではなく、ビタミンC豊富なフルーツだというのに。。。

砂糖依存で栄養不足に。過食も悪化!

砂糖の消化吸収には多くのビタミンを消耗します。

栄養価の乏しいお菓子を食べれば食べるほど、体は栄養不足になり、食欲が増大!

体がビタミンCを求めている時、ビタミンC補給にならないスイーツばかり食べていれば、過食はますますエスカレート!

ビタミンC不足→砂糖依存・過食→ビタミンC不足→砂糖依存・過食……という、悪循環に陥ってしまうことになるのです。

甘いものが食べたくなったらフルーツを!

 過食を止めたい!」「砂糖依存から抜け出したい!」「ダイエットしたい!」と願うなら、まずはフルーツをきちんと食べることを心がけてみましょう

甘いものが食べたくなった時、すぐに砂糖たっぷりのスイーツに手を伸ばすのではなく、「私って、ビタミンC不足かも?」と考えみてください。

とりあえずフルーツを食べてみる…その行動ひとつで、大きな変化が起こるかもしれません。

フルーツの素晴らしさを見直そう

簡単に手に入り、洗って皮を剥くだけで食べられるフルーツは、理想的なファーストフード(?)といえるのではないでしょうか。

ギフトなどで高級イメージがあるかもしれませんが、スーパーや八百屋さんには、リーズナブルなものが並んでいます。

特に季節の移り変わりを感じさせる旬のフルーツは、栄養価が高く、美味しさも格別です。

ビタミンCの働き

フルーツに豊富に含まれるビタミンCは、健康を保つのに大切な栄養素。

抗酸化作用が高く、アンチエイジングや免疫力強化など、さまざまな働きがあります。

・皮膚を美しくする
・日焼けによるダメージを防ぐ
・疲労回復
・ストレスを和らげる
・風邪予防
・血管を健康にする
・生活習慣病予防
・ガン予防      など

栄養豊富で低カロリー

フルーツはビタミンC以外にも、βカロチン、ビタミンE、食物繊維など、たくさんの栄養素を含んでいます。

果糖、ブドウ糖、ショ糖などの糖分も多いのですが、お菓子のように急激な血糖値の乱高下は起こりません。

便秘改善効果も高く、腸内環境を良好にして、太りにくい体づくりに役立ちます。

腸活で食欲も正常に!「やせ菌」を増やしてダイエット効果アップ♪
腸内に「やせ菌」が多ければ太りにくく、逆に「デブ菌」が多ければ、ダイエットもうまくいかず、ますます太りやすくなることに!腸内環境は脳や心の状態にまで影響し、過食を引き起こす異常な食欲や食行動にも関わりがあります。太るもやせるも腸次第!「やせ菌」を増やして「デブ菌」を減らす食材を積極的に取り入れて、腸活に努めましょう。

カロリーも控えめで、例えば…

・リンゴ1個 = 約138kcal
・みかん1個 = 約34kcal
・イチゴ10個 = 約42kcal
・バナナ1本 = 約77kcal

砂糖たっぷりのスイーツは、フルーツと比べてかなり高カロリーです。

シュークリーム1個 = 197約kcal
板チョコ1枚 = 約279kcal
ショートケーキ1個 = 約366kcal
メロンパン1個 = 約276kcal 

心と体の安定が砂糖依存・過食の改善に…

フルーツは、豊富な栄養素と水分で意外と腹持ちがよく、自然の甘さと香りが、スイーツへの欲求をおだやかに満たしてくれます。

心と体と落ち着いていれば、過食衝動は起こりにくいもの。

ダイエットも成功しやすくなるのです。

続きは『ビタミンC不足で甘いものが欲しくなる②』で…

手軽でコスパが高く、栄養面でも優れたフルーツですが、普段から食べる習慣がないと、なかなか取り入れづらいと感じる方も少なくないようです。

『ビタミンC不足で甘いものが欲しくなる②』『ビタミンC不足で甘いものが欲しくなる③』では、おすすめのフルーツや食べ方をご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

ビタミンC不足で甘いものが欲しくなる② フルーツでダイエット
ビタミンC不足になると甘いものへの欲求が強くなりやすいので、砂糖たっぷりのスイーツを控え、ビタミンC豊富な「フルーツ」をしっかり食べるべき!今回は、砂糖依存や過食を克服し、ダイエットを成功させるために、特におすすめのフルーツと、おすすめできないものとをご紹介します。
ビタミンC不足で甘いものが欲しくなる③ 過食を防ぐフルーツの食べ方
体はビタミンCが不足している時「甘いものが食べたい!!!」という強い欲求が起こることあります。そんな衝動が頻繁に起こるなら、甘いお菓子ではなく、ビタミンC豊富な「フルーツ」をしっかり食べるべき!砂糖依存や過食を克服し、ダイエットを成功させるために、私がおすすめするフルーツの食べ方をご紹介します。
砂糖中毒はこんなに危険①甘いもの依存が過食を悪化させる理由とは?
砂糖は依存性が高く、その魔力に囚われると脳に直接働きかけ、ますます糖分過多になる行動を誘います。自らの意志と関係なく「甘いもの食べたい!!!」という強烈な衝動に苦しみ続けることに。。。過食を本気で治したいなら、甘い誘惑の怖さをしっかり理解して、一刻も早く砂糖依存の状態から抜け出す覚悟をしましょう。
腸活で食欲も正常に!「やせ菌」を増やしてダイエット効果アップ♪
腸内に「やせ菌」が多ければ太りにくく、逆に「デブ菌」が多ければ、ダイエットもうまくいかず、ますます太りやすくなることに!腸内環境は脳や心の状態にまで影響し、過食を引き起こす異常な食欲や食行動にも関わりがあります。太るもやせるも腸次第!「やせ菌」を増やして「デブ菌」を減らす食材を積極的に取り入れて、腸活に努めましょう。

コメント

error: Content is protected !!