ハッピーダイエットのためのドーパミン活用法②ワクワクで過食も拒食も阻止!

前回の『ハッピーダイエットのためのドーパミン活用法①』では、過食や拒食と深い関わりのある脳内物質「ドーパミン」の働きについてお話ししました。

さて、食のストレスを乗り越えるためにドーパミンを活かすには、どのようにすればよいのでしょうか?

私自身、実際に取り組んでいることなどご紹介したいと思います。

ハッピーダイエットのためのドーパミン活用法①正しく使えば楽やせできる♪
ダイエットを楽に成功させたいのなら、やる気を強力に後押しする脳内物質「ドーパミン」に注目!味方にすれば無理に頑張らなくても望む成果を手に入れられます。ただし取り扱いを間違うと、過食や拒食を悪化させる危険性も!食に惑わされない自分になるために知っておくべき「ドーパミン」についてお話しします。
スポンサーリンク

スポンサーリンク


ドーパミンは使いよう。ひとつ間違えば大ダメージ!

ドーパミンとは、人をワクワク気分にさせて、モチベーションを高める神経伝達物質

うまく活かせば、仕事、勉強、スポーツなどのスキルアップにめざましい効果をもたらします。

不足すると何事にも無気力でストレスをため込みがちになり、望む人生を生きることが難しくなってしまいます。

暴走すると依存症をまねく危険も!

ただ、これが困った方向へと暴走してしまうこともあり、そうなるとさまざまな依存症をまねくことになってしまうのです。

過食、拒食、アルコール、ギャンブル、薬物、買い物などにのめり込み、精神のバランスが保てなくなってしまうのは、ドーパミンの過剰分泌による強烈な快感に囚われた状態。

つまりドーパミンは、適切な方向性での分泌を促して、そうではない方向性ではほどほどにおさえるべし、といえるでしょう。

適切なドーパミン分泌に欠かせないセロトニン

ドーパミンコントロールのために必要なもの、それが同じく脳内から分泌される神経伝達物質「セロトニン」です。

心を癒してダイエット効果UP♪ 脳内物質セロトニンで楽やせ体質に!
なかなか過食や拒食から抜け出せず、失敗続きのダイエットやストレスに心が押しつぶされそうになってはいませんか?そんなあなたは「セロトニン」が足りていない可能性大です。不足すると、落ち込んだりイライラしやすくなり、異常な食欲に振り回されることに!日々の工夫でセロトニンを増やし、幸せ気分で楽やせを叶えましょう!

セロトニンは心をおだやかにし、過剰なドーパミンによって行き過ぎた欲望を上手におさえ、心を落ち着ける役目を果たします。

セロトニンが不足しているとドーパミンの暴走を止めるのが難しくなり、意に反する行動がエスカレートしやすくなってしまいます。

こういった意味でも、毎日の生活でセロトニンをしっかり活性化することが大切なのです。

ハッピーダイエットの大前提

ドーパミンをうまく活用するためには、ダイエットをスタートさせるにあたって、心にとめておかなくてはならないことがあります。

自分が輝くためのダイエット

それは「やせることだけを目標にしない」ということ。

人として、女性として、いくら体重が減ったからといって、健康を損ねたり、美が失われてしまっては、ちっとも幸せではありませんよね。

身も心もボロボロになってしまうようなダイエットは、ドーパミンの暴走を許すことになるだけです。

ダイエットは、自分を本当の意味で輝かせるためのものでなければ意味がない!

私はそう考えています。

ダイエットでハッピーに!

輝きに満ちた幸せな未来をつくるには、まず自分で自分を精一杯大切にしなければならないということを忘れないでいてください。

自分を大切にするための食事制限であれば、ドーパミンの魔の手にかかることはありません。

ドーパミンをハッピーダイエットのために活用すれば、ワクワク気分で理想の自分を実現できるようになるのです。

ダイエットを成功に導くためのドーパミン活用法

「ダイエットを成功させたい!」「過食を克服したい!」と願うなら、次のふたつのポイントを意識しましょう。

楽しく続けられる「やりがい」を感じる。

食以外で夢中になれるものを見つける。

楽しく続けられる「やりがい」を感じる

小さな変化に敏感になり、少しでもよい兆しが感じられたら「やった〜!」とあえて大げさに喜ぶようにしてみてください。

過食しない日が1日でも増えたら、前進できた自分を思いっきり褒めてあげましょう。

ボディラインがすっきりし、より美しく、より健康になっていく自分の変化をちょっとでも見つけたら、あえて大げさに喜んで賞賛をおくりましょう。

褒めれば褒めるほと、脳からドーパミンがガンガン放出されて、モチベーションを高めてくれます。

日記をつけて望む方向へ突き進む

日々の変化を記録することで、自分の状態を客観的に見ることができます。

道を外れてしまいそうになった時や、心が折れそうになった時に見返せば、これまでの頑張りを思い起こすことができ、元気を取り戻すことができます。

褒め言葉や自分を元気づける言葉も、文字として残しておきましょう。

食の悩みから解放された自分を想像しながら、夢や希望を自由に書き綴りましょう。

ワクワク気分いっぱいの日記習慣で、ドーパミンはあなたの希望に向かって溢れ出るようになるのです。

自分をもっと素敵にするプレゼントを

変化に合わせて、頑張ってる自分にプレゼントをあげましょう。

おすすめなのは、服、アクセサリー、コスメ、エステなど、外見の美を高めるもの。

内面の高めるものでも悪くはないのですが、進歩が見た目で確認できたほうが、モチベーションに繋がりやすいのではないかと思います。

ただし、絶対に食べものをご褒美にしないでくださいね!

それをやってしまうと、思いがけず過食の扉を開くことになるかもしれませんので。。。

身の回りの断捨離で自分をリニューアル

以前は似合わなかったデザインやサイズがしっくりくるようなってきたら、思い切って古いものを処分してしまうのもおすすめです。

脂肪の中にはたくさんの毒素が包み込まれているので、無駄なぜい肉が減るということは、いわば体の断捨離のようなもの。

そうなると自然に身の回りのいらないものが気になって、スッキリ片付けたくなったり、キレイにお掃除したくなるはずです。

ただやせることだけを目指して心と体をボロボロに痛めつける無理なダイエットでは、このような爽快感はきっと起こらないことでしょう。

小さな成功体験の積み重ねで理想が現実に!

少しずつ素敵になっていく自分に気づき、都度ちょっとづつ達成感を得ることが大切です。

小さな成功体験を積み重ねて頻繁にドーパミンを分泌させるようにすると、モチベーションをより長く、より高く保つことができるようになります。

理想の自分に近づいている喜びをしっかりと感じ取れれば、控えめに食べたり健康的なものを選ぶのはまったく苦ではなくなり、むしろ心地よく感じるられるはずです。

ドーパミンパワーを意識しながら、最高に輝くハッピーな自分に出会うべく、ひたすら前へ上へと進んでいきましょう。

食以外で夢中になれるものを見つける

食に惑わされない人生を送りたいと願うのなら、食べること以外で夢中になれることを見つけましょう。

ドーパミンを別の方面に向けることで、食の魔力に囚われる危険性が減り、生活全体が充実したものになります。

ドーパミンで人生を豊かに

例えば仕事でドーパミンを活かせば、成果を上げることで収入が増えたり社会的地位が向上するだけでなく、多くの人々に貢献することにもなるでしょう。

勉強に活かせば、成績が上がったり資格取得に役立ったりと、ステップアップに繋がります。

趣味に活かせば、生活に潤いが生まれ、ストレスが解消されます。

スポーツに活かせば、技や記録を磨く喜びを感じながら、健康づくりに役立ちます。

まとめ

トーパミンは「快楽物質」「脳内麻薬」などとよばれることもあり、なんだか怖いイメージを持つ方も少なくないかもしれません。

人間の脳内から分泌されるものなので、もちろん違法なものではなく、うまく活かせば人生の質を高めてくれる、本当にありがたいもの。

せっかくのドーパミンパワー、自分を苦しめるためではなく、幸せになることに有効活用したいのものですね

ハッピーダイエットのためのドーパミン活用法①正しく使えば楽やせできる♪
ダイエットを楽に成功させたいのなら、やる気を強力に後押しする脳内物質「ドーパミン」に注目!味方にすれば無理に頑張らなくても望む成果を手に入れられます。ただし取り扱いを間違うと、過食や拒食を悪化させる危険性も!食に惑わされない自分になるために知っておくべき「ドーパミン」についてお話しします。

コメント

error: Content is protected !!