2018-09

食事

ビタミンC不足で甘いものが欲しくなる② フルーツでダイエット

ビタミンC不足になると甘いものへの欲求が強くなりやすいので、砂糖たっぷりのスイーツを控え、ビタミンC豊富な「フルーツ」をしっかり食べるべき!今回は、砂糖依存や過食を克服し、ダイエットを成功させるために、特におすすめのフルーツと、おすすめできないものとをご紹介します。
食事

ビタミンC不足で甘いものが欲しくなる① 砂糖依存にはフルーツを!

甘いものが食べたい時、体が本当に欲しているのは砂糖たっぷりのスイーツではなく、ビタミンC豊富なフルーツなのかも?体はビタミンCを必要としているのに、甘いお菓子ばかり食べていれば、砂糖依存に陥り過食が悪化!甘いものが欲しくなったら、とりあえずフルーツでビタミンC補給。スイーツへの欲求がおさまる可能性があるのです。

アファメーションで 摂食障害克服の現実を引き寄せる② 例文・タイミング

自分へのポジティブ宣言である「アファメーション」は、摂食障害の克服に効果的です。私が実際におこなって過食や拒食の改善に効果を感じた文例や、おすすめのタイミングをご紹介します。アファメーションで望みが実現に向かう言葉を潜在意識に届けて、自分や周りの嬉しい変化を楽しんでみてください。

アファメーションで摂食障害克服の現実を引き寄せる① 効果・やり方

自分へのポジティブ宣言である「アファメーション」。過食や拒食に悩む現実を起こしたくなければ、アファメーションで潜在意識を変えてしまえばいいのです。摂食障害の克服という望む現実を引き寄せるために知っておきたい、アファメーションの効果と方法をお伝えします。
食事

人工合成甘味料はダイエットの敵!過食も悪化へ…甘くない危険性とは?

人工合成甘味料は、むしろダイエットに逆効果。甘いものへの欲求が高まり、過食もエスカレート!さらに太りやすくなって、心身の健康を損なう危険性があります。アスパルテーム、アセスルファムK、スクラロース、サッカリンなどは、自然界に存在しない化学物質。カロリーはゼロでも、甘くないリスクが待ち受けているかも?
私の体験

下剤ダイエットは超危険!下剤依存で過食も悪化!私が体験した副作用とは?

下剤ダイエットは本当に危険!確かに体重は落ちますが、むやみに続けると、恐ろしい副作用に襲われることとなります。私自身、20代後半から10年以上もの長い間、下剤依存で過食もますます悪化し、身も心もボロボロになり、散々な思いをしました。下剤ダイエットの危険性を身をもって知った、私の体験をお話します。
食事

腸活で食欲も正常に!「やせ菌」を増やしてダイエット効果アップ♪

腸内に「やせ菌」が多ければ太りにくく、逆に「デブ菌」が多ければ、ダイエットもうまくいかず、ますます太りやすくなることに!腸内環境は脳や心の状態にまで影響し、過食を引き起こす異常な食欲や食行動にも関わりがあります。太るもやせるも腸次第!「やせ菌」を増やして「デブ菌」を減らす食材を積極的に取り入れて、腸活に努めましょう。
食事

やせホルモン「アディポネクチン」を増やして太りにくい体質になる食材は?

脂肪をどんどん燃やす楽やせホルモン「アディポネクチン」。分泌を増やせば太りにくくなり、たくさん食べても運動しなくても、みるみるやせていく…そんな体質になるのも夢ではありません!アディポネクチンを増やし、ダイエットを楽に成功させるのに効果的な、5つの食材をご紹介します。
食事

砂糖中毒はこんなに危険②過食を悪化させる甘いもの依存から抜け出す方法

甘いもの依存に陥ると、過食がますます悪化しやすくなります。スイーツの泥沼にどっぷり浸りきっていた私が、確かな効果を感じた3つの砂糖中毒脱却法をご紹介します。これらの方法を取り入れると、甘いものを断ち、ご飯やパン、麺類などの主食も控え、料理に含まれる糖分にも気をつける「糖質制限」が楽にできるようになるでしょう。
error: Content is protected !!